つむじはげ(O字ハゲ)の症状と原因

O字ハゲとも呼ばれるつむじはげの原因を解説。頭頂部の薄毛・抜け毛にお悩みの方は必見です。

つむじはげ(O字ハゲ)になる原因は?

つむじはげ(O字ハゲ)になる原因は?つむじはげは、頭頂部(つむじ)を中心にして円状に禿げることから、通称「O字ハゲ」と呼ばれたりもします。

「M字はげ」や「U字はげ」と違って「つむじはげ」が怖いのは、自分では気づきにくい点にあります。

「M字はげ」、「U字はげ」は額を起点にして禿げていくため、鏡を見ることで容易に気づくことができますが、「つむじはげ」の起点はあくまでも頭頂部。

普段の生活の中で自分の頭頂部を見る機会はそうそうない、すなわちはげにも気づきにくいため、いざ気づいたときには既に症状がだいぶ進んでいたなんてことも珍しくありません。

ある男性ホルモンがつむじはげ(O字ハゲ)を誘発

そもそもなぜ、はげという症状は男性に多く見られるのかという疑問をお持ちの人もいるかもしれません。その答えは簡単で、男性ホルモンが頭皮や頭髪に悪影響を及ぼすためです。

つむじはげになる原因のひとつもやはり、男性ホルモンの一種であるテストステロンだということがわかっています。

酵素(5αリダクターゼ)によってテストステロンが活性化されると、5α-DHTというより強力な男性ホルモンが生成されます。

この5α-DHTが、皮脂の分泌を過剰なものにして毛穴を詰まらせたり、あるいは髪の元になるはずのタンパク質の生成を阻害するなどして、つむじはげを促進させます。

ちなみに、5α-DHTの影響をより受けやすいのが、側頭部や後頭部よりも、前頭部や頭頂部だと言われています。つまり5α-DHTと、頭頂部のはげであるつむじはげは密接な関係にあるというわけです。

男性ホルモン以外では、毛根の栄養不足も、つむじはげの原因のひとつとして挙げられます。 若い頃は「髪や爪は放っておいても伸びるもの」と思いがちですが、髪も体の一部ですから栄養が足りなければ育ちません。

髪が育たなければ、やがてその部分が禿げてしまうのは必定というわけです。 また栄養自体は十分に足りていたとしても、たとえば頭皮の血行が不良だと、肝心の栄養を毛根にまで運ぶことができません。

つまり、頭皮の血行不良というのもまた、つむじはげを引き起こす原因となります。

つむじハゲに特に効果的な育毛剤

■ご注意
当サイトで公開している育毛剤の情報は、2014年3月現在のデータを独自に調査・分析したものです。
必ず最新のデータもご参照ください。
pagetop▲