若年性脱毛症(若はげ)の原因

20~30代という若いうちから脱毛症状が表われ始める若年性脱毛症。その原因について解説しています。

若年性脱毛症(若はげ)とは?

「脱毛症(はげ)というのは、ある程度年を取ってから症状が表われるもの」というのが、多くの人にとっての共通認識かと思います。

しかし最近では、肉体の老化がまだ始まらない若いうちから症状が表われるケースも増えていて、なかには20~30代の頃から抜け毛に悩む人たちも少なくありません。

厳密な定義があるわけではありませんが、本来ならまだ抜け毛とは無縁な、そうした若い世代に表われる脱毛症状のことを総称して「若年性脱毛症」と呼んでいます。

なお、症状の表われる時期が若年期というだけで、実際の症状、平たく言えば禿げ方については、これまでに見てきた「O字」「M字」「U字」と大きく変わらず、なかにはそれらが複合的に生じるケースもあります。

生活習慣の乱れが若はげを引き起こす!?

若年性脱毛症(若はげ)になるもっとも大きな原因は、男性ホルモンにあると言われています。

男性ホルモン自体はもちろん決して悪いものではなく、なかでもテストステロンは筋肉を増強したり体毛を増加させたりするなど、男性らしい身体をつくる上では必要不可欠なものです。

しかし、そのテストステロンがひとたび5αリダクターゼという還元酵素と結びつき、ジヒドロテストステロンという別の男性ホルモンに変換されてしまうと、話は大きく違ってきます。なぜなら、このジヒドロテストステロンこそが若年性脱毛症(若はげ)を引き起こす最大の原因であるとされているからです。

本来ならば、ジヒドロテストステロンは30代以降から増え始めるのですが、それが遺伝などの関係で10~20代の頃から増えてしまう。これが、若年性脱毛症(若はげ)が起こるメカニズムです。

その他にも内臓系の疾患、つまり病気によって引き起こされるケースなどもありますが、若年性脱毛症(若はげ)になる原因としてそれ以上に留意したいのが、生活習慣の乱れです。

普段の生活の中でついつい暴飲暴食や夜更かしなどをしがちな若い世代にとっては、遺伝や病気といったことよりもむしろ、生活習慣の乱れこそが若年性脱毛症(若はげ)になる最大の原因であると唱える人もいるくらいです。

しかしこのことは裏を返せば、正しい生活のリズムを取り戻すことで脱毛症状を抑えることができるということでもありますから、そのぶん若年性脱毛症(若はげ)は壮年性の脱毛症と比べると改善しやすいと言うこともできます。

■ご注意
当サイトで公開している育毛剤の情報は、2014年3月現在のデータを独自に調査・分析したものです。
必ず最新のデータもご参照ください。
pagetop▲