髪が生え変わる毛周期(ヘアサイクル)

髪にも寿命があるのを知っていますか?ここでは薄毛や抜け毛の原因となる、毛周期(ヘアサイクル)の乱れについて、基礎知識から仕組み、チェック方法や改善方法までをまとめました。

毛周期(ヘアサイクル)とは?

ヘアサイクルの画像私たちの毛髪は、成長と脱毛のサイクルを繰り返しています。このサイクルを毛周期(ヘアサイクル)と言います。薄毛や抜け毛を改善するために、まずこの毛周期(ヘアサイクル)の仕組みを正しく理解しましょう。

毛周期(ヘアサイクル)は大きく「成長期」「退行期」「休止期」の3段階に分けられます。1サイクルにかかる年数の目安は男性でおよそ3~5年、女性で4~6年です。 ここでは、各3段階それぞれの特徴について説明します。

  • 「成長期」(通常2~6年)
    毛髪が成長する時期。毛母細胞が活発に分裂して、皮膚表面まで伸びます。成長期にある毛髪は、髪全体のおよそ85~90%を占めます。
  • 「休止期」(3~4ヵ月)
    毛髪の成長が止まっている期間。次に成長を始めるまで、皮膚の中で活動を停止しています。髪全体のおよそ10~20%を占めます。
  • 「退行期」(2~3週間)
    「休止期」に入る準備期間。毛母細胞の活動が止まり、成長を終えた毛が抜け落ちていきます。

退行期にある毛髪は、髪全体のおよそ1%を占めます。 実際には、すべての髪が同じサイクルではなく、1本1本異なったサイクルで生え変わります。

毛周期(ヘアサイクル)と薄毛・抜け毛のメカニズム

毛周期(ヘアサイクル)を理解すると、健康な毛髪にも寿命があることが分かります。実際、「退行期」や「休止期」には、成長を終えた毛がブラッシングやシャンプーで簡単に抜け落ちてしまいます。1日に50~100本は抜けても異常なことではありません。

問題は、その数がさらに増えている時です。 抜け毛の量が異常に増えるのは、毛周期(ヘアサイクル)を繰り返すうちに「成長期」が短くなり、毛髪が太く長く成長しきれなくなっているためです。成長しきれなかった毛髪は、抜け毛の原因になるのはもちろん、毛包内に細く短い状態でとどまり、頭皮上まで達しないことが多くあります。シャンプーやブラッシング時に抜け毛が増えたように感じたり、薄毛が目立つようになるのもこのためです。

つまり、薄毛や抜け毛は、毛周期(ヘアサイクル)の乱れによって起こるのです。逆に、毛周期(ヘアサイクル)の乱れを正しくすることが、薄毛や抜け毛の改善につながると言えます。

毛周期(ヘアサイクル)の乱れをチェックする方法

薄毛・抜け毛は進行するので、毛周期(ヘアサイクル)の乱れを早期発見・対応するのが大切なポイントです。

毛周期(ヘアサイクル)の乱れは、抜け毛の毛根の形からある程度知ることができます。 「成長期」にあり健康な毛根は、根本がふくらんで毛先の倍ほどの大きさをしています。一方、毛先が細い抜け毛は、成長しきれずうぶ毛の状態で抜けたと考えられます。この異常を見逃さず、頭皮や頭髪の健康に注意を払うことが、薄毛・抜け毛の改善につながるのです。

また、薄毛の場合によく見られる症状をチェックする方法もあります。具体的には、以下に当てはまる方は、薄毛・抜け毛が進行している可能性が高いと言えます。

  • 起床した時や、シャンプー、ブラッシング時に抜け毛が増えた
  • 髪のハリ・コシがなくなってきたように感じる
  • 短く細い毛や、うぶ毛が増えてきた
  • 頭皮が脂っぽく、ベタつく

上記はあくまで目安ですが、気になる方は早めに対策を検討するようにしてくださいね。

毛周期(ヘアサイクル)を改善するには

薄毛・抜け毛の原因となる毛周期(ヘアサイクル)の乱れには、偏った食事や過度の飲酒・喫煙、運動不足や睡眠不足などの生活習慣や、ストレスなどが影響している可能性があります。

また、通常の「成長期」を維持し、毛髪をきちんと成長させる対策をとることも重要です。適切な育毛剤を使用することが改善につながるケースも多いでしょう。

「最近、抜け毛が増えた」「薄毛が目立ってきた」と少しでも感じたら、毛周期が崩れていないかを確認し、改善していきましょう。

■ご注意
当サイトで公開している育毛剤の情報は、2014年3月現在のデータを独自に調査・分析したものです。
必ず最新のデータもご参照ください。
pagetop▲