髪を傷めない乾かし方

洗髪後に、ドライヤーを使わず自然乾燥させていませんか?ここでは薄毛・抜け毛の改善のために、「洗い方」と同じくらい重要な「乾かし方」の方法やテクニック、注意ポイントをまとめました。ぜひ参考にしてください。

髪の「洗い方」と同じく、薄毛・抜け毛改善のカギを握る「乾かし方」

タオルドライの画像頭皮環境をケアし、薄毛・抜け毛を改善するために、髪の洗い方が大切なのはもはや常識。しかし、その後の乾かし方が間違っていませんか?

特に頭皮の温度を下げたり、髪を傷めやすい状態にしてしまう自然乾燥はNG。その理由は後に詳しく説明するとして、ここではまずドライヤーを使った、髪や頭皮を傷めない乾かし方のコツを紹介します。

  • コツ1.タオルドライで水分を取る
    洗髪した後は、まずタオルで頭皮の水気をとります。吸水性の高い素材や大きめのタオルを使い、指の腹で地肌をマッサージするように優しく拭くのがコツです。長髪の場合は、毛先をタオルで挟むようにして、髪と髪がこすれないように拭き取ります。 タオルドライで水分を取ることで、その後のドライヤーを短時間で済ませることができます。
  • コツ2.髪の根本から乾かす
    タオルドライで頭皮全体の水分を取った後は、ドライヤーで手早く乾かします。ポイントのひとつは、髪の根本から乾かすということ。根本の部分は毛先と比べると、水分が蒸発しにくいというのがその理由です。毛先は乾きやすく傷みやすいので、できる限り直接風をあてないようにする必要があるのです。ヘアーブラシを使ったり、指で掻き上げるなどして、根本の部分に熱風があたるように心がけてください。
  • コツ3.まんべんなく全体を乾かす
    ドライヤーを使うときにもうひとつ大切なポイントは、熱風を頭髪全体にまんべんなくあてるようにするということです。ドライヤーの熱風を同じ部分ばかりにあててしまうと、過剰に水分を蒸発させてしまい、頭皮を傷めてしまう可能性があるためです。また、ドライヤーをあてるときは、頭から10~20センチ離すようにしましょう。

髪を速く乾かす方法

ドライヤーの温風を長くあてすぎると、髪から必要な水分を奪ってしまい、傷めてしまうことになります。できる限りドライヤーをあてる時間を短くするテクニックを紹介しますので、参考にしてください。

ティッシュドライ法

タオルドライ後に、ティッシュペーパーを使って取りきれなかった水分を吸収する方法です。1、2枚程度のティッシュペーパーで充分ですが、髪のボリュームが多い方は、より吸水性のあるキッチンペーパーを使うのがおすすめです。いずれにしても、髪を押さえつける際に力を入れすぎないように注意してください。

タオルサンド法

タオルで髪を包み込むようにして、上からドライヤーをあてて乾かします。この方法は髪にドライヤーを直接あてた場合と比べて、髪が受けるダメージをおよそ半分から2/3程度減らせるといわれています。ドライヤーによって乾いたタオルが、髪の水分をどんどん吸収してくれるため、生乾きになってしまう心配もありません。

【ドライヤーVS自然乾燥】髪に優しい乾かし方は?

「ドライヤーを使うと髪を傷める」と、自然乾燥を選択する人がいます。しかし、髪を洗った後、まったくタオルやドライヤーを使わずに自然乾燥のみで済ませるのは、かえって頭皮や毛髪の環境を悪化させ、薄毛や抜け毛を進めてしまうことになりNGです。主な理由は3つあります。

  • 頭皮の血流を悪くしてしまう
    髪を洗った後、生乾きのまま放置してしまうと、頭皮の水分が蒸発して冷たくなり、血流が低下します。血流が低下すると、頭皮に十分栄養が運ばれなくなるため、髪が細く、抜けやすくなってしまうのです。
  • 髪にダメージを与えてしまう
    髪の毛は濡れている間、キューティクルが開いたままの状態になっています。この状態では、髪がダメージを受けやすく、軽く擦れるだけでも傷んでしまいます。髪が傷むと細くなり、薄毛が目立つことにつながるのです。
  • 雑菌を繁殖させてしまう
    濡れたままの頭皮は、蒸れて雑菌が繁殖しやすい状態でもあります。雑菌が繁殖すると、ニオイだけでなく、薄毛や抜け毛を引き起こす皮膚炎の原因になります。

以上が、頭皮にとって自然乾燥が良くない3つの理由です。髪を洗った後は、とにかくなるべく早く乾かして、頭皮環境を悪化させる要因をつくらないことが大切ということですね。

■ご注意
当サイトで公開している育毛剤の情報は、2014年3月現在のデータを独自に調査・分析したものです。
必ず最新のデータもご参照ください。
pagetop▲