髪を傷めない洗い方

清潔感を保つだけでなく、頭皮環境を整えて薄毛・抜け毛の改善に役立つ髪の洗い方について紹介します。洗髪時に注意すべきポイントや正しい洗い方の手順、頻度やタイミングもチェックできます。

薄毛・抜け毛を改善できる、髪の洗い方の手順

シャンプーの画像頭皮の汚れは薄毛・抜け毛の遠因になります。しかし、洗いすぎも頭皮によくありません。ここでは、ダメージをできる限り減らして、頭皮環境を改善できる髪の洗い方を紹介します。

  • 髪の汚れを落とす
    シャンプーをする前に、ブラッシングなどで軽くホコリを落とします。ブラッシングは、頭皮の汚れを浮かすことで洗いやすくする効果もあります。さらにぬるま湯(38度前後)で、浮かした汚れを洗い流します。
  • シャンプー
    次にシャンプー液を手に取り、手のひらでよく泡立ててから髪につけます。指の腹で、頭の下から上にむかって、皮脂や汚れを揉みだすように洗っていきます。このとき爪を立てないように注意してください。
  • すすぎ
    すすぎはぬるま湯(38度前後)で、丁寧に時間をかけて行います。シャンプーが残ったままになってしまうと、それが毛穴に詰まり、頭皮環境が悪化してしまう原因になります。 充分すすぎ終わったあと、必要に応じてリンスやコンディショナーをつけます。地肌ではなく髪の毛につけるようにして、3~4分おいてすすいでください。

以上が薄毛・抜け毛の改善につながる、正しい髪の洗い方の基本です。このやり方を参考に、自分にあった洗髪方法を試してみてください。 洗髪後はタオルで頭皮の水気を取り、雑菌の繁殖を防ぐためにドライヤーで乾かすようにしてくださいね。

【髪の洗い方マメ知識】ベストな頻度・タイミングは?

頭皮の環境が人それぞれで違うように、洗髪の頻度も「毎日洗うと乾燥して痒い」「1日でも間が空くと頭皮がベトベトする」というような個人差や、季節によって異なります。頭皮にダメージを与えてしまうような場合でない限り、個人の頭皮状態にあった頻度で行って構いません。

髪を洗うタイミングについては、朝よりも夜がよいと言われています。これは、肌の修復や髪が成長するゴールデンタイム(22~2時)の前に、できるだけ頭皮環境を整えておいた方がよいためです。余裕をもってできるように、習慣づけましょう。

正しい髪の洗い方で、薄毛・抜け毛が改善できる!

髪を洗う「洗髪」は、清潔感を保つ意味でとても大切。しかし、それだけではありません。髪を洗うということは、丈夫な髪を育むための頭皮環境を整えることでもあります。

植物と同じように、髪も土壌(頭皮)環境が整っていないと健やかに成長しません。つまり、髪の洗い方が、薄毛・抜け毛の改善にもつながるというわけです。

一方で、間違った髪の洗い方は、頭皮のダメージを増やしてしまう恐れがあります。例えば、よくやってしまいがちな「かゆいところに爪を立ててゴシゴシ掻く」ことは、頭皮を傷つけてしまう洗い方です。頭皮を傷つけてしまうと、毛髪を作る機能が正常に働かず、毛周期が乱れて薄毛・抜け毛の遠因になってしまう可能性があるのです。

また、シャンプーとの相性も抜け毛の遠因になります。相性が合わないシャンプーを使うと、頭皮が荒れたり、ひどい場合は湿疹・かぶれを引き起こし、抜け毛を促進させてしまうのです。 自分にあったシャンプーを使い、正しい洗い方で頭皮のデイリーケアを継続することが、薄毛・抜け毛改善の第一歩と言えます。

■ご注意
当サイトで公開している育毛剤の情報は、2014年3月現在のデータを独自に調査・分析したものです。
必ず最新のデータもご参照ください。
pagetop▲