薄毛・抜け毛対策は若いうちから

薄毛・抜け毛改善や、これから将来に向けて予防するための基礎知識や対策方法、チェックポイントを紹介。薄毛・抜け毛が気になる場合はもちろん、そうでないこれから30代を迎える方も、ぜひ参考にしてください。

20代のうちに知っておきたい薄毛・抜け毛対策の基本

20代のイメージ画像20代からの薄毛・抜け毛対策は、とにかく髪を育む頭皮を清潔・健康に保つこと、これに限ります。そのためにぜひ知っておきたいことは3点。それは、頭皮にとって良い「シャンプー選び」「洗髪方法」「生活習慣」です。ポイントは以下の通りです。

【ポイント1】シャンプー選び

シャンプーは、古くなった余分な皮脂を取り除くために重要な役割を果たします。ただし、皮脂を取りすぎず、「アミノ酸系」などの頭皮に優しい洗浄成分を含むシャンプーを選ぶことが重要なポイント。皮脂は空気に触れると酸化して固まり、毛穴を詰まらせることで抜け毛の原因になりますが、頭皮や髪を守ってくれるものでもあるのです。

【ポイント2】洗髪方法

髪を洗う時、汚れを取りたいあまり、ゴシゴシと強い力を入れてこすったり、かゆいところに爪を立てたりしていませんか?これは大きな間違いで、頭皮を傷つけ薄毛・抜け毛の原因をつくってしまうことになりかねません。

洗髪は、地肌に爪をたてず、指の腹で優しくもむようにするのが基本。その後はシャンプーを残さず、しっかりすすぎます。

一度傷ついた頭皮は、健康に戻るまでかなりの時間がかかります。日々の地道なケアが、将来にわたって薄毛・抜け毛を防ぐ基本の対策であり手段なのです。

【ポイント3】生活習慣

生活習慣 睡眠不足やストレスは、頭皮の環境を悪化させ、薄毛・抜け毛に影響を与えます。食生活も髪に密接な関係があります。理由は、食事を通して摂取された栄養によって、髪は成長するから。ポイントとしては偏った食事を避けて、バランスよく栄養を取ることを心がけてください。

30代を迎える前に、頭皮にとってよい習慣を身に付けられれば、薄毛・抜け毛対策は万全に近いと言えるでしょう。

30代は抜け毛・薄毛の不安を感じたらすぐ対策を!

30代のイメージ画像30代の方は「なんとなく抜け毛が多くなってきた」と不安を感じる場合も多いでしょう。抜け毛があるのは本来自然なことなのですが、異常にあるのは薄毛の兆候かもしれません。

不安を感じる30代の方におすすめしたい薄毛・抜け毛対策が、「頭皮環境の改善+育毛」のダブルアプローチです。具体的には、まず前述した20代の方向けの対策を参考に、頭皮環境を改善するためのシャンプーや洗髪や生活習慣の見直しをしてください。

あわせて毛髪を成長させるために、育毛剤などを使ったヘアケアを積極的に行います。毛髪の成長には、豊かな土壌(頭皮)と、養分が欠かせません。育毛剤などヘアケアの使用は、髪の成長に必要な養分を補給する、重要な意味を持つのです。

次の様な症状を感じる場合は、特になるべく薄毛・抜け毛対策を行う必要性が高いと言えます。

  • フケやかゆみを感じることが多くなった
  • 細くて短い抜け毛が多くなった
  • 洗髪後も、頭皮にベタつきを感じる
  • 最近、髪のボリュームが減った

フケやかゆみは、頭皮の症状が悪化しているサイン。また、頭皮がベタつくと感じるのも、頭皮のダメージを受けた部分が、過剰に皮脂を分泌していることが理由の可能性があります。薄毛・抜け毛は放っておくと進行するので、早期対応が何より重要なポイントです。

有効成分が充実している育毛剤ランキングをチェックする≫

若いうちからの対策で薄毛・抜け毛のリスクが下がる!

比較的若い年齢のうちは、「自分は抜け毛や薄毛と無縁だ」と感じている人が多いのではないでしょうか。しかし、この年代でしっかりとケアをしておくことで、年を重ねてからも、太くて強い髪を保つことができるようになります。

具体的には、例えば頭皮の血行不良が気になる場合は、今のうちから改善しておけば、将来薄毛・抜け毛に悩まされる可能性が少なくなります。 また、ストレスも薄毛・抜け毛を引き起こす原因のひとつですが、若いうちにストレス回避や発散の方法を身に付けておくことで、リスクを下げられるのです。

実際、髪のボリュームは、男性の場合で20歳前後、女性の場合で30歳前後から減少し始める傾向にあります。つまり10~20代と同じような生活を続けていても、30代に入って一気に髪の毛が薄くなる可能性があるのです。

「最近どうも抜け毛が多くなってきた」という人はもちろん、そうでないこれから30代を迎えようとする人も、最低限の薄毛・抜け毛対策の知識は抑えておくようにしましょう。

■ご注意
当サイトで公開している育毛剤の情報は、2014年3月現在のデータを独自に調査・分析したものです。
必ず最新のデータもご参照ください。
pagetop▲