フィンカー

フィナステリドの働きで、発毛を促進する飲む発毛剤、フィンカーの特徴と効果を解説しています。また、必ず知っておきたい副作用についてもまとめています。

経口発毛剤、フィンカーの特徴と効果は?

発毛剤フィンカー画像

フィンカーには、発毛に役立つ有効成分・フィナステリドが配合されているのが特徴です。

フィスナリドは、男性型脱毛症になる元とされている、ジヒドロテストステロン(DHT)が作り出されるのを抑制する効果があります。

男性型脱毛症の対策には、髪が薄くなっていくことを抑制することが大切です。

男性型脱毛症のためフィナステリドを3年間服用した20~50歳の方のうち、98%の方に効果があった発表されています。

また、頭頂部のほかに生え際にも効果的で、髪が増えることや、髪の質、長さ、太さなどにも有効な成分といえるでしょう。

フィンカーとは

フィンカーの有効成分であるフィナステリドは1991年に開発がスタートし、前立腺肥大の特効薬として1992年に「プロスカー」の名称で認可されました。

その後、脱毛症に効果的なことが研究で明らかになり、臨床試験を1年間行ったのち、2005年に厚生労働省に認可されました。

経口発毛剤、フィンカーの副作用とは?

フィンカーにはさまざまな副作用があり、使用方法についてよく理解しなくてはいけません。

妊娠中の使用禁止

フィンカーの含んでいる成分が、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を阻害するため、妊娠している女性が誤って服用した場合は、胎児に影響が出てしまう危険性があります。

性機能低下

性欲減退、勃起不全、精子の減少など、性機能が低下する症状が出る場合があります。

子作り中の使用は制限されていませんが、一時的に服用を中止することをおすすめします。約3週間で体内から成分がすべて抜けるといわれています。

未成年の男子、女性は使用禁止。妊娠中、もしくはその可能性がある女性は触ることも危険とされています。

未成年男性の使用禁止

フィンカーは未成年男子の性器発達に影響を与えますので、未成年男子の服用を禁止しています。成人男性のみ服用することが可能です。

肝臓病患者の服用禁止

フィンカーの成分が肝臓で代謝されるため、肝臓に負担がかかります。肝臓病や肝機能障害など、持病がある方の服用は避けた方がよいでしょう。

フィンカーを服用するときは、医師に必ず相談するようにしましょう。

■ご注意
当サイトで公開している育毛剤の情報は、2014年3月現在のデータを独自に調査・分析したものです。
必ず最新のデータもご参照ください。
pagetop▲