L-リジン

必須アミノ酸の働きで発毛を促す発毛剤、L-リジンの特徴と効果を解説。知っておきたい副作用についてもまとめています。

発毛剤・L-リジンの効果は?

L-リジン 画像L-リジンは、動物性タンパクの摂取によって、髪に必要な必須アミノ酸の生成をうながす発毛剤。髪を構成する主要成分としてはアミノ酸とケラチンが挙げられますが、そのうちのアミノ酸は、体内で動物性タンパクを分解することにより生成されます。

薄毛・抜け毛に悩んでいる人はアミノ酸が不足しているケースが多く、発毛剤のL-リジンを経口摂取することで、髪の構成に必要なアミノ酸を補充できるわけです。

加えて、L-リジンには発毛を促す二つの成分、フィナステリドとミノキシジルの吸収率を高める効果もあるといわれています。ミノキシジルは頭皮の血行を促してくれるので、頭皮環境を整えて抜け毛を予防していきたいという人にもおすすめです。

余談として、L-リジンには、カルシウムを吸収させやすくする働きもあります。そのため、肝機能障害や骨粗しょう症など、カルシウム不足によって起こる症状の予防・改善効果も期待できます。

L-リジンにデメリットや副作用はある?

L-リジンの効果L-リジンを飲むときに気を付けたいのが、動物性タンパクとあわせて脂肪を摂取することになる点。

5αレダクターゼと呼ばれる、薄毛や抜け毛の原因になるホルモンは、脂肪から生成されます。そのため、薄毛や抜け毛につながるデメリットもあります。

対策として、5aレグターゼ阻害剤と呼ばれる薬を用いることで、デメリットを解消するという方法もあるようです。

またサプリメント等と同様、妊娠や授乳を行っている女性は、飲用にあたって医師に相談しておく必要があります。不安な点を解消し、発毛剤として効果的に使用していきましょう。

■ご注意
当サイトで公開している育毛剤の情報は、2014年3月現在のデータを独自に調査・分析したものです。
必ず最新のデータもご参照ください。
pagetop▲