ロゲイン

特に頭頂部の薄毛・抜け毛対策に定評のある、ミノキシジル配合の発毛剤「ロゲイン」の効果を解説。気になる副作用についてもまとめています。

発毛剤「ロゲイン」の薄毛・抜け毛対策効果は?

ロゲイン 画像ロゲインは、アメリカにあるファイザー社が開発した発毛剤です。発毛を促進するといわれている成分のミノキシジルを5%配合しています。

ロゲインを使った実験データによると、1割が完全に薄毛を改善し、3割の方には発毛効果が現れたそうです。血行促進によって毛根に栄養が届きやすくなるので、今まで薄毛に悩んでいたという人もロゲインを使用することで、髪の状態が改善する可能性があります。

使用方法としては、毎朝・毎晩、1日2回ずつ薄毛の箇所に塗布します。そのまま塗布するのもいいですし、より高い効果を得たいという人は、頭部をマッサージするように揉みこみながら使うと効果的です。長期的に使用していくことで、髪質の改善にもつながるようです。

ロゲインの大きな特徴は、薄毛への発毛効果に加え、頭頂部への高い発毛効果が期待できる点です。発毛促進成分として知られているミノキシジルを配合しているので、より強力な発毛を希望している人向けといえるかもしれません。

ロゲインに副作用はある?

ロゲインの初期脱毛ロゲインを使っている多くの人は、2週間~1ヵ月目くらいに、抜け毛の増加を実感するそう。ですがそれは初期脱毛といって、新しい発毛の準備段階とのことです。つまりロゲインが効果を発揮していて、発毛が始まるきざしと言えるので、様子を見ながら続けていきましょう。

一方で、用量や用法を守らずに使用した場合、過度な血行促進によるかぶれやかゆみが起きることがあるようです。症状は軽度の場合がほとんどですが、副作用が強く出てしまった場合は医師に相談のうえ、今後の使用について考えていきましょう。

■ご注意
当サイトで公開している育毛剤の情報は、2014年3月現在のデータを独自に調査・分析したものです。
必ず最新のデータもご参照ください。
pagetop▲