タイガー・グロー

医療機関で処方されている成分を配合している発毛剤・タイガーグロー。その効果や副作用について説明しています。

発毛剤・タイガーグローの効果

発毛剤・タイガーグロー

タイガー・グローは、リキッドタイプとタブレットタイプの2種類があります。

タイガー・グローには、医療機関で処方されている成分と同じフィナステリドとミノキシジルが配合されています。

この2成分が脱毛を抑制し発毛を促進するため、攻めと守りの発毛剤として効果が高いといわれています。

フィナステリドの効能

フィナステリドは、薄毛や抜け毛に効果的であるとFDA(アメリカ食品医薬品局)が正式に認可している成分です。

1992年に前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として開発されましたが、副作用として脱毛分子の抑制に効果があることが発見されました。

フィナステリドは、脱毛の進行を抑制するという効果にとても優れています。

ミノキシジルの効能

ミノキシジルは、薄毛や抜け毛に効果的であるとFDA(アメリカ食品医薬品局)が正式に認可している成分です。

1960年代に高血圧の薬として開発されましたが、その後の研究で発毛効果が発見され1980年代に脱毛症の治療薬として使用が開始されました。

ミノキシジルは、発毛を促進するという効果にとても優れています。

豊富なビタミン群を配合

タイガー・グローは、育毛に有効な成分だけでなく、発毛環境を整えるためにビタミン群などを数多く配合しています。

  • リボフラビン、シアノコバラミン
  • ニコチン酸アミド、チアミン硝酸塩
  • リボフラビン、パントテン酸カルシウム
  • セレン含有乾燥酵母、ビオチン、葉酸
  • ピリドキシン塩酸塩、セレン含有乾燥酵母
  • カリウム、亜鉛、マンガン、鉄、マグネシウム
  • ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンD

タイガーグローに副作用はある?

タイガー・グローに含まれているフィナステリドとミノキシジルには、いくつかの副作用が報告されています。

ミノキシジルの副作用

  • 低血圧
    ミノキシジルは血管拡張作用があるため、使用条件によって低血圧症を引き起こす割合が高いと考えられます。
  • 多毛症
    髪の毛以外のヒゲや腕、足の毛など目的以外の体毛が、過度に濃くなってしまう可能性もあります。
  • ニキビ・肌荒れ
    ミノキシジルの血管拡張作用が皮膚に影響して、皮脂の分泌量が過剰になり、ニキビや肌荒れの原因になる場合があります。

フィナステリドとミノキシジルに共通する副作用

  • 性機能低下
    性欲減退、勃起不全、精子の減少など、性機能が低下する場合があります。家族計画中の使用は制限されていませんが、一旦服用を中止することをおすすめします。
    また、未成年男子の性器発達に影響を与えるため、未成年男子の服用は禁止されています。
  • 妊娠中の使用禁止
    男性ホルモンの生成を阻害するため、妊娠中の女性が服用した場合は胎児に影響が出てしまう危険があります。
  • 肝臓に持病がある方の服用禁止
    服用することにより肝臓に負担がかかりますので、肝臓病や肝機能障害のある方は服用を避けた方がよいでしょう。
    服用に不安がある方は、必ず医師に相談することをおすすめします。
■ご注意
当サイトで公開している育毛剤の情報は、2014年3月現在のデータを独自に調査・分析したものです。
必ず最新のデータもご参照ください。
pagetop▲