効果がある!と口コミで評判の育毛剤おすすめランキング » なぜ生える?育毛剤の髪を育む効果検証

なぜ生える?育毛剤の髪を育む効果検証

育毛剤を使用することで、なぜ髪は生え、そして育つのか?知っていそうで知らない育毛のメカニズムについて解説しています。

育毛剤が髪を育む仕組み

そもそも髪というのは、毛母細胞の働きによって生え、そして育ちます。つまり、弱ってしまった毛母細胞の働きを再び活性化してあげるというのが育毛の仕組みであり、基本的な考え方になります。

しかし実際のことを言えば、事はそんなに単純ではありません。

たとえば毛母細胞を活性化させるためには、そこにたくさんの栄養を送り込んであげる必要があります。身体の中でそうした運搬の役割を担うのは血液ですから、毛母細胞により多くの栄養を送り込むためには、まずは頭皮の血行を促進してあげる必要があります。

頭皮の環境を整えるという意味ではその他にも、頭皮のかゆみや炎症の改善、頭皮の保湿、頭皮の新陳代謝の促進なども重要なポイントとなります。

一方、生える毛を増やすかたわらで抜け毛を減らすためには、男性ホルモンの抑制なども必要になってきます。

育毛というのは、髪の源となる毛母細胞を活性化すれば良いという単純な話ではなく、頭皮の環境改善を含めて、上に挙げたような事柄の組み合わせによって初めて実現されるものなのです。

見方を変えるならば、ひとつではなく、さまざまな効果を併せ持ち、多方面から髪や頭皮にプラスの影響を及ぼし得るものこそが良い育毛剤であるということもできるでしょう。

さて、このカテゴリーでは、育毛剤が持つ特徴・効能と、それによる育毛効果の関係性についてまとめています。また、特徴・効能ごとに、育毛効果の優れた育毛剤をピックアップして紹介していますので、ぜひ育毛剤選びの参考にしてみてください。

■ご注意
当サイトで公開している育毛剤の情報は、2014年3月現在のデータを独自に調査・分析したものです。
必ず最新のデータもご参照ください。
pagetop▲