飲酒・喫煙

薄毛や抜け毛の原因といわれる過度の飲酒や喫煙について、髪の毛に与える悪影響やハゲないための注意点を解説しています。

ハゲの原因~過度の飲酒との関連性

過度の飲酒は、薄毛や抜け毛などハゲる原因となります。

度の過ぎた飲酒が、頭皮の毛根の栄養不足を招くからです。

アルコールを体内で分解する臓器は肝臓です。大量のアルコールが体内に入ると、肝臓はフル稼働を強いられます。

フルに稼働するためには、大量の栄養とエネルギーを消費しなければならず、毛根に行くべき栄養素まで使われてしまいます。エネルギー不足の結果、髪の毛をつくる機能が低下し、薄毛や抜け毛につながってしまうのです。

とはいえ、たまに飲み過ぎたとしても、髪にはさほど影響を及ぼしません。問題は過度の飲酒が日常的に続くことであり、その場合には髪の毛にじわじわと悪影響が出てきます。

飲酒自体は血行を促進するため、決して悪いものではありませんが、髪の毛のためには、自分の適量を知ってほどほどにしましょう。

薄毛や抜け毛と喫煙の関係

タバコも薄毛や抜け毛には良くないものです。理由は2つあります。

以下で2つの理由について詳しく説明します。

1つ目は、タバコに含まれているニコチンが、毛細血管を縮小して血流を悪くするためです。

まず、ニコチンで血流が悪くなると、毛根への血流も悪くなります。

結果的に栄養不足になり、薄毛や抜け毛が発生します。薄毛や抜け毛に至らなくても、栄養不足の毛根からは弱々しい髪の毛しか生えてきません。

毛根に栄養が行き届かないと細胞分裂ができず、髪の毛の土台が貧弱になります。土台が弱ければ、髪が生えてもすぐに抜けてしまいます。

2つ目は、喫煙行為自体が頭皮などの皮膚に必要なビタミンC不足をもたらし、血流を悪くするためです。

ビタミンC不足になると、新しい頭皮が生まれてきません。ビタミンC不足が続けば、古い頭皮が残ったままになって次第に硬くなります。

頭皮が硬いと血の流れが悪く、毛根に栄養が行きづらくなります。栄養不足が細胞分裂を難しくし、薄毛や抜け毛の原因となります。

喫煙を控えることで髪の毛をいたわり、ハゲない努力をしてみましょう。そもそもが「百害あって一利なし」の喫煙ですから。

■ご注意
当サイトで公開している育毛剤の情報は、2014年3月現在のデータを独自に調査・分析したものです。
必ず最新のデータもご参照ください。
pagetop▲