遺伝

「抜け毛や薄毛、ハゲは遺伝で決まる」。この言葉の本当の意味、原因を紹介します。

遺伝はハゲの原因!?の真実

  • 遺伝が原因でハゲる。抜け毛や薄毛が起こる
  • ハゲるのは、男性ホルモンが多いからだ

これらは、実験から明らかにされている事実です。正確にいうと、『男性ホルモンと結びつく「5aリダクターゼ」という酵素の量が、遺伝によって生まれつき多い』ということ。

5aリダクターゼは、頭皮の毛母細胞の中に存在しています。この酵母は、男性ホルモンである「テストステロン」と合体すると、「ジヒドロテストステロン」というホルモンに変化します。

このホルモンが、かなりの曲者。男性ホルモンの5~10倍の強さを持ち、毛母細胞での髪の生成を妨ぎます。どんどん髪の毛が抜け落ち、やがて頭皮は砂漠となってしまいます。

薄毛・抜け毛・ハゲは、遺伝によって、しっかりと継承されているのです。

おじいちゃんが薄いと、孫に影響

遺伝の影響が強いのは、「父から子」より「祖父から子」のほうだと言われています。とくに、母方の祖父・祖母からの遺伝が強く影響します。

「おじいちゃんがハゲていると、将来自分もハゲる」と言われますが、間違いではないようです。また、お父さんの髪が薄いと、子供も歳をとるごとに髪が薄くなる、というケースも目立ちます。

薄毛・抜け毛には「生まれつき」より「環境」が影響する

遺伝には2種類あります。生まれつき備わっている先天的遺伝と、生後の環境で作られる後天的遺伝です。そのうち後天的遺伝のほうが、抜け毛や薄毛などの大きな原因になると言われます。

それは、睡眠、食事、考え方、運動習慣など、子供は親と同じ生活をずっと続けていくからです。子供が自立し、親元を離れてからも、「生活習慣」として残ります。

プラスにとらえれば、もし先天的遺伝で男性ホルモンが多くても、薄毛や抜け毛の対策として生活習慣を改善すれば、ハゲにくい体質に近づける、ということです。

「おじいちゃんやお父さんがハゲているから」と、あきらめるよりも、自分自身の生活習慣を見直すところから、始めてみてはどうでしょうか。

■ご注意
当サイトで公開している育毛剤の情報は、2014年3月現在のデータを独自に調査・分析したものです。
必ず最新のデータもご参照ください。
pagetop▲