運動不足

薄毛・抜け毛の原因である運動不足や、ハゲを防ぐために欠かせない有酸素運動について紹介していきます。

ハゲの原因~運動不足との関係について

運動不足は薄毛や抜け毛などのハゲの原因となります。それは運動不足が引き起こす筋肉の衰えが、血の流れを悪くするからです。

心臓が体内の血液を循環させるのは、よく知られています。ただし、心臓だけが血液を巡らせるのではありません。心臓から出された血液は、血管の筋肉の収縮運動によってこそ、体の隅々にまで行き渡ります。

運動不足によって血管の筋力が衰えれば、血が毛根などの末端まで流れなくなります。髪の毛は生命を維持するために重要なものではありませんから、栄養素を取り込む優先度は低くなってしまうのです。

つまり、運動不足は栄養のある血液を頭皮の毛細血管に循環させにくくし、薄毛や抜け毛といったハゲの原因になります。

なにも、激しく運動をしろというわけではありません。適度な運動で十分です。

薄毛と抜け毛に有効な有酸素運動

ハゲないためには運動が大事です。運動の中でも効果的なのは、有酸素運動といわれています。

具体的な有酸素運動としては、次の運動が挙げられます。

  • ウォーキング
  • ランニング
  • ジョギング
  • エアバイク
  • 自転車
  • スイミング

以上の運動は心肺機能を強化し、血液の循環を改善します。毛根に栄養素を運ぶ毛細血管を鍛えてくれます。

運動量は1日15~30分、週に3~5日行い、少し汗ばむくらいが目安です。

なお、有酸素運動が無酸素運動になってしまうので、激しい運動はやめましょう。

人には目標心拍数があり、これを超えると無酸素運動になります。

目標心拍数=(220×自分の年齢)×0.7

ただし、心拍数を計るのは容易ではありませんので、少し汗ばむぐらいを目指せばちょうどいいと言えます。

無理のない運動で血流を良くして、薄毛と抜け毛を防ぎましょう。

■ご注意
当サイトで公開している育毛剤の情報は、2014年3月現在のデータを独自に調査・分析したものです。
必ず最新のデータもご参照ください。
pagetop▲