その他

抜け毛・薄毛の原因になることをまとめました。悪いと知っていながら、ついついやってしまうことから、多くの人が知らないことまで。しっかりと原因を知っておくことが、予防や改善に必要です。ぜひ活用してください。

抜け毛の原因となる不適切なヘアケア

ヘアケアには人それぞれやり方がありますが、以下に抜け毛の原因となる悪い例を紹介します。

洗髪

シャンプーを朝夜2回する男性もいますが、洗いすぎも頭皮にとって悪影響。薄毛・抜け毛の原因になります。また、すすぎが不十分だったり、洗わずに不潔な状態にしたりするのは言わずもがな。ハゲへまっしぐらです。

さらに、市販されているコンディショナーやトリートメントを使いすぎることは、髪の短い男性にとっては悪影響。髪の修復力が弱くなって、頭皮にとってあまり良いことがないからです。

頭皮をしっかりケアできる、ノンシリコンタイプのシャンプーやコンディショナーがオススメです。

スタイリング

ワックスやジェルなどのスタイリング剤は、男性のオシャレや身だしなみに欠かせないものです。しかし、使い方を間違えると、薄毛や抜け毛の原因となってしまいます。

例えば、「スタイリング剤を毛先だけでなく、頭皮にも付けてしまう」「スタイリング剤を付けたまま寝てしまう」などがあります。頭皮に残ったワックスやジェルなどは毛穴をふさぎ、フケ・かゆみ・ただれの原因になってしまします。

帽子の蒸れが薄毛の原因になる?

帽子をかぶると、頭皮が蒸れるからハゲる。これは半分本当で、半分はウソ。ポイントは「帽子の被り方」です。悪い被り方をすると、薄毛や抜け毛の原因になります。良い被り方をすると、髪や頭皮を守ってくれる味方になります。

まず、悪い被り方は以下のとおり。

  • 長時間ずっと被りっぱなし
  • 夏場にニット帽などをかぶる
  • 部屋の中でも被りっぱなし
  • サイズの小さいものを無理して被る

次に、良い被り方の例は以下のとおり。

  • 夏場、頭皮が強い紫外線に照らされないように、帽子を被る
  • 冬場、頭皮が冷えて血行が滞らないように、帽子を被る

抜け毛・薄毛・ハゲを遠ざけるには、帽子と上手に付き合っていく必要があります。ぜひ参考にしてください。

■ご注意
当サイトで公開している育毛剤の情報は、2014年3月現在のデータを独自に調査・分析したものです。
必ず最新のデータもご参照ください。
pagetop▲