得られる育毛効果をチェック

男性ホルモン抑制や血行促進など、どんな効果が得られるのかは育毛剤選びの大事なポイント。育毛剤の主な効果について解説しています。

育毛剤によって得られる4つの効果

育毛剤の効果は、主に4つに分けられます。

  • 男性ホルモンの抑制
  • 血行促進
  • 毛母細胞の活性化
  • 毛根の栄養補給

さまざまな育毛剤がありますが、育毛剤によって、持っている効果が違います。

頭を抱える男性画像自分の頭が、何が原因で薄毛になっているのかを知り、それを改善してくれるものを選ばなければ、十分な効果は得られません。

では、それぞれの育毛剤の効果について見てみましょう。

男性ホルモン抑制効果のある育毛剤

AGAの改善や予防に効果があるのがこのタイプ。

男性ホルモンの一種であるテストステロンが、毛髪や皮脂にある5αリダクターゼという酵素によって活性化されると「5α-DHT」という物質に変わります。この物質が、髪の毛を構成する元となるたんぱく質の合成を邪魔したり、皮脂の分泌を過剰にして毛穴を詰まらせたりするため、薄毛の原因になると言われています。

そこで、男性ホルモン抑制効果のある育毛剤では、5α-DHTへの変換を防ぐため、5αリダクターゼの分泌を抑えてくれるという働きがあります。

血行促進効果のある育毛剤

かつて育毛剤の主流となっていたのがこのタイプの育毛剤です。髪を健康にするためには、頭皮の健康が重要です。頭皮は、血液中から運ばれる栄養素によって健康を保ちます。

しかし、頭皮の環境が悪化したり、ストレスを溜めたり、食生活や生活習慣が乱れることで血行が悪くなると、頭皮にしっかり栄養が運ばれなくなり、毛根が弱ったり抜け毛の原因になったりします。

これに対し、このタイプの育毛剤は、毛細血管を拡張して血液の流れを良くし、栄養が頭皮へ届きやすくする効果があるとされています。

毛母細胞の活性化に効果的な育毛剤

髪の毛は、毛母細胞が細胞分裂することによって作られていきます。しかし、頭皮の環境が悪くなると、毛母細胞の働きが弱くなり、抜け毛が起こったり、薄毛の原因になったりします。

そこで、この毛母細胞を外側から活性化することで、毛髪の成長を促そうというものです。

毛根の栄養補給をする育毛剤

髪の毛が成長するためにも、栄養が必要です。発毛に必要な栄養素を外側から補給することで、発毛を促すことが期待できます。

育毛剤には、こうした効果のうちの1点に特化した製品もありますが、自分の薄毛の原因がわからない場合や、複数の原因がある場合には、この4つの効果がすべて得られるチャップアップがお勧めです。

■ご注意
当サイトで公開している育毛剤の情報は、2014年3月現在のデータを独自に調査・分析したものです。
必ず最新のデータもご参照ください。
pagetop▲